にきびができる原因と対処法

subpage1

思春期の時にできるにきびも、大人になってからできるにきびも、毛穴の入り口が、何からかの原因で詰まることが原因で起こります。

にきびができやすい部分は、皮脂の分泌が活発な顔や胸元、背中などで、思春期の頃の成長ホルモンの分泌が増えて、特にTゾーンの皮脂分泌が増えてしまい、にきびができやすくなってしまいます。

また、ストレスなどによって男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が活発になることも原因となります。

2ちゃんねるを是非ご利用ください。

そのほかにも、過度の緊張やストレス、睡眠不足は、自律神経のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経のバランスも崩れてしまい、副腎皮質から男性ホルモンの分泌が高まってしまい、皮脂の分泌も高まってしまいます。
そのほかにも、生理前になると分泌される黄体ホルモンも原因となります。

にきびについての情報はこちらです。

毛穴が詰まる原因は、新陳代謝が低下したり、ホルモンの影響によって、肌の表面が硬くなり、ターンオーバーが正常に行われなくなることで、肌を守ろうとして、角質が硬くなり、皮脂が詰まりやすくなってしまいます。
角質が硬くなると、皮膚表面にでるはずの皮脂が、毛穴の中に留まってしまい、白ニキビや黒ニキビとなってしまいます。これらは、まだ炎症を起こしていない状態で、この段階で適切な治療を行えば、悪化させずきれいに治すことが可能です。



ただ、そのまま放置してしまい、炎症が起きて赤ニキビとなってしまった場合には、抗生物質を使った治療が必要で、早めに炎症を抑える必要があります。

身になる知識

subpage2

にきびが出来てしまったら薬を塗ったり、薬を服用したりと色々な対処をすることになりますが、まずはにきびを作らない予防をするということが大切です。まずは当たり前のことですが洗顔が重要になります。...

more

ためになる情報!

subpage3

思春期を過ぎて生活習慣の乱れや、ストレスによりターンオーバーが乱れたときにできるのが、大人にきびです。ターンオーバーは、肌が健康であれば細胞が約28日間の周期で入れ替わり、新しい細胞が生まれます。...

more

基礎知識

subpage4

にきびというと、思春期を中心に、肌が脂っぽくなり、過剰な皮脂が原因でできるものというイメージがあります。ですから、にきびができるといつも以上に入念に洗顔したり、皮脂が出ないように心がける人も多いのではないでしょうか。...

more

耳より情報

subpage5

にきびというと思春期に多いイメージですが、大人も悩まされることがあります。にきびは皮膚の病気なので正しい処置をしなかったり放っておくと、跡が残ってしまったり悪化したりします。...

more