• 自動車の趣味性が復活している

    今は高級車はそれなりに売れています。

    スポーツカーは一時の低迷を抜け出しつつあると言うところでしょうか。

    四輪駆動車のRVは常にある程度は売れていますが、ブームは終わり今は存在感がなくなっているといえるでしょう。

    売れている車はミニバンなどのワゴン系の車や、とにかく燃費の良いエコカーなどです。また軽自動車の割合が高くなり、それもかなり高価なハイトワゴンやスーパーハイトワゴンが良く売れています。つまりセカンドカーではなくファーストカーとして売れているわけです。


    軽自動車なら維持費が安いですから少々燃費の悪いワゴンでも、全体としてはとても安く済みます。特に年間の走行距離の少ない場合はそうです。
    これらは基本的に不景気が原因です。
    自動車は生活必需品ではないのでしょう。

    収入に不安があると切り詰められる支出と言うことになります。

    人気上昇中の立体駐車場の情報が揃っています。

    しかし最近ガソリン価格が安定していることや、景気が上向いていると感じている人の増加などからまた少し動向が変わってきているようです。特に趣味性の高いスポーツカーがほとんどなくなっていたのに徐々に新型車として発表されつつあります。



    それもスーパーカーじみた高級車ではなくて、堅実な価格帯のものが目に付くのが特徴です。

    これは一般的な個人消費の回復の兆しなのではないでしょか。

    またスポーツカーがステータスから個人の価値観によるもの、趣味のものに変わってきている表れなのではないでしょうか。



    みんなエコカーばかりで飽きてきているのかもしれません。