• 自動車は賢くつかうのです

    かつて好景気にわいていた頃の日本人が求めた贅沢に、自動車があります。
    若者はこぞって自分の車を手に入れることにやっきになりましたし、マイカーを持っているということで大人と認められるような風潮すらありました。
    ところが長引く不況にさらされた現代では、生まれた時から不景気の子供達が大人になっているのです。

    有名な立体駐車場のメーカーに関連した書きかけ項目です。

    つまり、昔の価値観ではなくなってきているのですね。
    旅行は海外でなく国内でゆっくりと、だし、車もなくても困らない都会に住んでいる。自動車を所持することは、お金がかかることであるとの思いが強いようです。
    駐車場代、年間の自動車税、点検代や日々のガソリン代。


    それらを支払ってまで乗るつもりはなく、公共機関を利用するのです。もしくは健康のために自転車で通勤や通学したりもします。自転車の方が収納場所に困らず、自分の体力もつけることが出来るからです。

    そんな現代のため、それでも大きい買い物などの時には是非活用したい車は、皆でシェアしようという動きが高まっています。


    都会の駅前には大体ある「カーシェアリング」ですね。
    会員になったメンバーで一台の車を共有するわけです。

    そうすれば年間の維持費や駐車場代を気にせずに、必要な時だけかかるお金を支払って車を使用できます。



    ガソリン代くらいなので、病院へ通うとか大きい買い物があるときなどに使うそうです。


    自分で持たなくても人と分け合って、ほどほどのレベルの車を運転できる、それで満足する若者が増えたということですね。